日本家族看護学会第29回学術集会

交流集会

画像をクリックいただくと、各交流集会の紹介スライドが開きます。

(準備でき次第、順次アップしていきます)

交流集会 1

9月10日(土) 第5会場 10:40-11:40

機能不全家族の問題からみるギャンブル依存症への介入方法

企画代表者:
日下 修一(聖徳大学 看護学部)
企画者:
和田 佳子(聖徳大学 看護学部)
野原 真理(聖徳大学 看護学部)

交流集会 2

9月10日(土) 第2会場 13:10-14:30

重層的支援体制整備事業における看護職への期待と連携
~ダブルケアラー支援を考える~

企画代表者:
寺田 由紀子(帝京大学 医療技術学部 看護学科)
企画者:
荒牧 順子(佐賀県医療的ケア児支援センター(社会福祉法人まごころ会))
若松 千尋(兵庫大学大学院看護学研究科 広域看護学領域)
渋谷 郁恵(人間総合科学大学 保健医療学部 看護学科)
山本 未央(日本赤十字看護大学さいたま 看護学部)
柳 陽子(帝京大学 医療技術学部 看護学科、自治体助産師)
吉岡 貴美代(神奈川歯科大学短期大学部 看護学科)
堀内 裕子(目白大学 看護学部 看護学科)
話題提供者:
清水 修(厚生労働省 社会・援護局 地域福祉課 地域共生社会推進室 室長補佐)

交流集会 3

9月10日(土) 第4会場 13:10-14:30

「家族看護エンパワーメントモデル」の臨床への活用
―家族の語りからその体験を読み解き家族像を形成する―

企画代表者:
長戸 和子(高知県立大学 看護学部)
企画者:
池添 志乃(高知県立大学 看護学部)
瓜生 浩子(高知県立大学 看護学部)
皆本 美喜(兵庫県看護協会)
上村 奈緒子(岡山大学病院)
関根 光枝(日本赤十字社医療センター)
田井 雅子(高知県立大学 看護学部)
松石 由美子(ソフィアメディ訪問看護ステーション福岡中央)
松下 由香(高知県・高知市病院企業団立高知医療センター)

交流集会 4

9月10日(土) 第5会場 13:10-14:30

童話「白雪姫」の世界を「人間関係見えるかシート」で体感してみよう

企画代表者:
岡田 辰江(県立広島病院)
企画者:
松田 洋美
富岡 里江(訪問看護ステーションはーと)
株崎 雅子(埼玉県立循環器病センター)
石井 由紀子(千葉市立海浜病院)
茶谷 妙子(訪問看護ステーションひろば)
渡辺 美恵子(医療法人社団悠翔会)
樋口 敬子(訪問看護ステーション ココパレ)
金澤 比呂美(大津赤十字病院)

交流集会 5

9月11日(日) 第2会場 8:50-10:10

COVID-19 パンデミック(=大規模災害)下で家族支援
専門看護師の活動や活用を促進するためには何が必要か?

企画代表者:
松枝 美智子(星槎大学大学院 教育学研究科 修士課程)
企画者:
竹熊 千晶(熊本保健科学大学)
久保田 千景(鈴鹿医療科学大学)
浅野 悠佳(楽らくサポートセンター レスピケアナース)
話題提供者:
松枝 美智子(星槎大学大学院 教育学研究科 修士課程)
竹熊 千晶(熊本保健科学大学)
久保田 千景(鈴鹿医療科学大学)
浅野 悠佳(楽らくサポートセンター レスピケアナース)

交流集会 6

9月11日(日) 第5会場 8:50-10:10

ロールプレイで学ぶ家族ケア
~終末期がん患者の夫の抗がん剤治療をやめたい妻と看護師の会話~

企画代表者:
加藤 久美(社会福祉法人恩賜財団済生会川俣病院)
企画者:
菅野 ひとみ(社会福祉法人恩賜財団済生会川俣病院)
畠山 とも子(家族看護実践センター)

交流集会 7

9月11日(日) 第2会場 10:30-11:50

臨床現場の問題に対する家族支援専門看護師の活動

企画代表者:
小野 美雪(社会医療法人 誠光会 淡海医療センター)
企画者:
川村 真澄(北海道厚生連 札幌厚生病院)
山内 文(地方独立行政法人大阪府立病院機構 大阪母子医療センター)
森川 真理(公立大学法人 横浜市立大学附属病院)
林 由紀(医療法人社団明照会 大府あおぞら有床クリニック)
本田 順子(兵庫県立大学 看護学部)

交流集会 8

9月11日(日) 第4会場 10:30-11:30

地域における高齢者家族に対する家族看護の視点
―高齢者と未婚の子供の世帯への支援の場合―

企画代表者:
式守 晴子(家族支援リサーチセンター)
企画者:
若杉 早苗(聖隷クリストファー大学)
豊島 由樹子(豊橋創造大学)
松坂 由香里(神奈川県立保健福祉大学)
鈴木 和子(家族支援リサーチセンター)

交流集会 9

9月11日(日) 第5会場 10:30-11:50

「渡辺式」家族アセスメント / 支援モデル その 13
-「渡辺式」が持つ本質的特徴を問う:
解決をはかるということ、家族に入っていくということ-

企画代表者:
柳原 清子(長野県看護大学(「渡辺式」家族看護研究会代表))
企画者:
藤村 望(船橋市立医療センター ICU (家族支援専門看護師))
松本 修一(滋賀県立総合病院 ICU (家族支援専門看護師))
澤田 紀子(東京医科大学附属病院 ICU (家族支援専門看護師))
三枝 真理(東海大学医学部付属病院 移植コーディネーター(家族支援専門看護師))
園川 雄二(東海大学医学部付属病院 救命救急センター(家族支援専門看護師))
佐藤 律子(神奈川県立こども医療センター NICU(家族支援専門看護師))
櫻井 大輔(東海大学医学部看護学科 (家族支援専門看護師))
今井 美佳(佐久医療センター 患者サポートセンター (家族支援専門看護師))

交流集会 10

9月11日(日) 第4会場 13:20-14:40

コロナ禍での家族支援をめぐって看護師が感じた課題

企画代表者:
竹村 淳子(大阪医科薬科大学)
企画者:
真継 和子(大阪医科薬科大学)
泊 祐子(関西福祉大学)
中島 真希(愛仁会高槻病院)
三原 綾(ハートコール訪問看護ステーション)
橋倉 尚美(愛仁会高槻病院)
溝部 由恵(高槻うの花訪問看護ステーション)
松本 修一(滋賀県立総合病院)
鈴木 美佐(大阪医科薬科大学)
倉橋 理香(大阪医科薬科大学)
本江 真人(愛仁会高槻病院)

交流集会 11

定員:35名 (グループワークは現地参加のみ対象となります)
※学術集会への参加登録をお済ませの上でお申込みください。

9月11日(日) 第5会場 13:20-14:40

子どもを亡くした家族へのグリーフケアの試み
~院内と院外の実践をとおして、遺族サポートを考える~

企画代表者:
濵田 裕子(第一薬科大学看護学部)
企画者:
藤田 紋佳(NPO法人福岡子どもホスピスプロジェクト)
森口 晴美(NPO法人福岡子どもホスピスプロジェクト)
話題提供者:
佐藤 律子(神奈川県立こども医療センター)
藤田 紋佳(NPO法人福岡子どもホスピスプロジェクト)
GWファシリテーター:
市川 百香里(公益社団法人 岐阜県看護協会重症心身障がい在宅支援センターみらい)
鍬田 晃子(熊本市民病院看護部)
田代 恵理(九州大学病院)
中村 加奈子(福岡女学院看護大学)
松本 祐佳里(福岡大学)
佐藤 律子(神奈川県立こども医療センター)
藤田 紋佳(NPO法人福岡子どもホスピスプロジェクト)

交流集会 12

9月11日(日) 第4会場 15:00-16:00

家族アセスメント/
インターベンションでもちかけるキラークエスチョンの実際

企画代表者:
法橋 尚宏(神戸大学大学院 保健学研究科 家族看護学分野)
企画者:
副島 尭史(神戸大学大学院 保健学研究科 家族看護学分野)
渡邉 幹生(神戸大学大学院 保健学研究科 家族看護学分野)
和辻 雄仁(神戸大学大学院 保健学研究科 家族看護学分野)

プログラム

先頭に戻る